腱鞘炎の主要な原因としてスマホも考えられる

腱鞘炎の主要な原因としてスマホも考えられる 最近では腱鞘炎の主要な原因としてスマホも考えられるようになっています。
腱鞘炎は無理に筋肉を使う事で生じることが多い症状ですが、スマホはこれになる事があるぐらいに無理な姿勢を維持し続けるということがあるからです。
しかも、ゲームのような事に使用していると、細かな動きを継続的に繰り返すという事をするようになるのでね筋肉には大きな負担をかけるという事が分かっています。
スポーツ選手などがよくかかる病気としてしられるのが、腱鞘炎ですが、それにかかることもあるぐらいにゲームは大きな負担になるという事をしっておいたほうが良いでしょう。
何しろスポーツの場合は相手が必要だったりもして、筋肉に負荷をかける時間が限定されることが多いのですが、モバイル端末でゲームをするような場合は24時間フルにするような事も出来てしまいます。
あっという間に腱鞘炎などのような症状が出るまで筋肉を酷使するという事はよくあることなのです。

パソコンのキーボードが原因で腱鞘炎になった時の対処法

パソコンのキーボードが原因で腱鞘炎になった時の対処法 パソコンでキーボードのタイピングを長時間続けていると手に負担がかかり腱鞘炎になってしまいます。
一度なってしまうと中々治りませんし、放っておくと症状も悪化しタイピングをしていなくても痛みが消えなくなるので、症状が出始めたら早めに対処しましょう。
ではどのような対処法があるかというと、まずは姿勢を正すという事です。
パソコンのキーボードを打つ時の姿勢が悪いのが原因で手首に負担がかかり腱鞘炎を引き起こす人が多いです。
特に猫背の人は背筋を伸ばして正しい姿勢でやるだけでも大分違います。
またこまめに休憩を取る事も重要です。
中々忙しくて休憩を取れない人も、1時間に1回程度はパソコンから離れて手首のストレッチなどをすると良いです。
他にも手首が疲れてきたと感じたら手を軽く揉み解すのも有効ですし、腕の力を抜いてぶらぶらと腕を動かすとリラックス出来ます。
あと手首に軽くテーピングをするのも効果的です。
この時のポイントはきつくしすぎたり、巻きすぎたりしない事です。