軽度の腱鞘炎の症状なら普段のケアで改善できる

軽度の腱鞘炎の症状なら普段のケアで改善できる パソコンを一日中使用していたりと手を酷使していると、指や手首などが痺れたり痛くなるなどの腱鞘炎の症状が出てくる可能性があります。
手に違和感を感じたら、休ませてあげることが一番大切なのですが、仕事をしているなどどうしても休ませることができない場合もあると思います。
軽度の違和感がある程度の腱鞘炎ならば、指や手首などのストレッチをすることで症状を和らげることができます。
まず指のストレッチは、手のひらを大きく広げて閉じるといった運動をするだけでも、血液の流れをよくして関節などをほぐすことができます。
指を一本ずつ持ってそらすようにするのも有効です。
手首のストレッチは、手をまっすぐ前に伸ばして指先を手首を伸ばしていきましょう。
手首を伸ばすことで肘など腕を全体的にストレッチすることができます。
できるだけ休憩をして、違和感がある場所をストレッチすると軽度の腱鞘炎なら有効です。
痛みやしびれがひどいときは早急に医療機関で診てもらうようにしましょう。

腱鞘炎の症状とは、気付いた時には悪化していることも

腱鞘炎の症状とは、気付いた時には悪化していることも 腱鞘炎は、腱を覆っている腱鞘に炎症が起こることを言います。
腱は筋肉と骨を繋ぐための結合組織です。
関節へ筋肉の動きを伝え、正確に動かせるようにサポートしています。
腱鞘は、その腱がバラバラになったりしないように固定する役目を担っています。
通常はこれらがスムーズに働いているため痛みは全くありませんが、パソコンやスマートフォンの操作で指を酷使するなど、関節に過度の負荷を掛けると炎症が発生、痛みが起きるようになってきます。
腱鞘炎は急に発生するものではなく、段階を踏んで症状が進んでいきます。
前兆としては指が上手く動かせなくなったり、関節部分に腫れがあったり、その部分を動かしていると怠さを感じたり、といったようなものです。
そのまま何も対策をせず放置していると、今度は本格的に痛みや違和感を覚えるようになってきます。
酷くなると日常生活にまで支障が出ることもあります。
おかしいなと思ったら専門家へ受診をしたり、不調部分を安静にするなど、早めの対策を心がけましょう。